2013年9月24日火曜日

靖国神社に放火目的?トルエン2Lだと「爆発レベル」国内に在日組織のテロ支援者か



靖国神社(東京都千代田区)に不正に侵入したとして、警視庁公安部は建造物侵入の現行犯で、韓国籍の無職、カン・ヨンミン容疑者(23)を逮捕した。公安部によると、容疑を認めている。
同神社拝殿にペットボトルに入った引火性のトルエンとみられる液体を投げかけようとし、リュックサックの中からライター2個が見つかったことから、公安部は放火目的で侵入した可能性があるとみて、詳しい動機を調べている。
逮捕容疑は、22日午後5時ごろ、千代田区九段北の同神社に不正に侵入したとしている。
同神社の男性衛視が同9時ごろ、南門近くのトイレ裏に隠れているカン容疑者を発見。敷地外に連れ出そうとしたところ、リュックから2リットル入りのボトルを取り出し、中身の液体を拝殿に投げかけようとしたため、取り押さえたという。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130923/crm13092316160005-n1.htm
・トルエンは購入に身分証と個人情報の記載が必要
・外国人には入手困難なトルエンをたった1日で入手 
・所持していた量も2リットルとかなり多い・一般の外国人犯罪ではまず動かない外事2課の受け持ち
トルエン2リットルというのが衝撃的。
まず無職の男が来日2日で入手できたということは国内に支援組織があるということ。
引火していたら単なる「放火」のレベルでは済まなかった。
これは計画的で国際的なテロ。特番組んでいいくらいの大ニュース。

0 件のコメント:

コメントを投稿