2013年9月20日金曜日

朝日新聞がまた捏造報道

 


国連、日本政府に慰安婦ヘイトスピーチ改善要求


国連は、日本国内の一部の外国人排斥主義グループなどが「慰安婦は売春婦だった」などのヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返していることに関して日本政府に改善を要求したと朝日新聞が22日伝えた。 



  国連の社会権規約委員会は日本政府に対して「国民を教育して、ヘイトスピーチ(Hate Speech、特定人種・性・宗教などに対する憎悪がこもった発言)と(従軍慰安婦出身の女性たちに)汚名を着せるような表現を防ぐように」と要求した。 



  委員会はまた、こうした侮辱的な表現は「(従軍慰安婦出身の女性たちの)経済・社会・文化的な権利や補償に悪影響を与えうる点を憂慮する」としてこれを防ぐために必要なすべての措置を取るよう付け加えた。 



  委員会は、日本のある極右バンドが慰安婦被害女性を侮辱する歌詞を入れた歌をつくった後、これを韓国にいる慰安婦被害女性らに送ったことも紹介して批判した。


 


http://japanese.joins.com/article/886/171886.html?servcode=A00&sectcode=A10


 


新聞記事


http://img.news-us.jp/BK10ReHCQAAJQbo.jpg


 


朝日新聞また記事を捏造。国連総会は慰安婦ヘイトスピーチ改善要求など出していない 

ことが判明した。実際に動いたのは国連でも端っこの活動の無い社会権規約委員会とい 

う非公開の密室審議で、なんら国連の法的拘束力も無い個人組織。これは韓国政府の 

パンギムン国連総長が私物化で動いたものと判明した。この個人組織委員会は、パンア 

ホ事務総長に言われるままにしただけと述べた。 

朝日新聞は捏造記事で日本人に対して『ヘイトライティング』している。これは日本国民を 

害する大問題だ。



0 件のコメント:

コメントを投稿