2013年9月29日日曜日

韓国で大やけど!訴え棄却の台湾司会者、徹底抗戦の姿勢=「悪しき判例を作ってはならない」―台湾メディア


韓国で大やけど!訴え棄却の台湾司会者、徹底抗戦の姿勢=「悪しき判例を作ってはならない」―台湾メディア
25日、台湾の人気司会者・郭子乾は、出演したテレビ番組の中で、宿泊した韓国の高級ホテルでやけどを負ったとの訴えが韓国の裁判所に棄却されたことについて、徹底的に争う姿勢を示した。写真は韓国料理。
2013年9月25日、台湾の人気司会者・郭子乾(グオ・ツーチエン)は、出演したテレビ番組の中で、宿泊した韓国の高級ホテルでやけどを負ったとの訴えが韓国の裁判所に棄却されたことについて、徹底的に争う姿勢を示した。26日付で台湾・東森新聞網が伝えた。

【その他の写真】

郭氏は2012年1月、韓国・ソウルの高級ホテルに宿泊した際、部屋にあったポットでお湯を沸かして持ち上げたところ、底の部分が脱落して太ももに熱湯を浴びた。すぐに病院に運ばれたものの、ホテル側の不快な対応に怒りを覚え、損害賠償を求めて韓国の裁判所に訴え出ていた。しかし、先ごろ韓国の裁判所から送られてきた判決文には、「全ては郭氏が故意に起こした騒動であり、ホテルの名誉を傷つけるためのねつ造」と記されていた。

郭氏は可能な限り証拠となる写真を集め、以前、韓国において被害や不公平な待遇を受けた人たちに署名を依頼し、上告の際の証拠資料にするという。また、「この事件をこのまま終わらせては悪しき判例を作ることになる。今後、韓国を旅行する台湾人が、どんな目に遭うかわからない」とし、支持を呼びかけた。(翻訳・編集/北田)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130928-00000000-rcdc-cn

0 件のコメント:

コメントを投稿