2013年9月20日金曜日

【原発問題】 米“放射能パニック” 菅政権の対応のひどさに、ヒラリー国務長官も激怒 「日本は信用でき

東京電力福島第1原発の事故を受け、米国内で「反日感情」が高まりつつある。東日本大震災直後は

同情も多かったが、菅直人政権の原発危機への対応のひどさに、ヒラリー国務長官までが「日本は信用

できない」と激怒。米メディアが「今週末にも、太平洋を超えて放射性物質が到達する」と報じたこと

もあり、西海岸はパニック状態になりつつある。



 「日本の指導者の欠陥が危機感を深める」



 ニューヨーク・タイムズ紙は16日、こんな強烈な見出しで、菅首相が臨機応変の対応力や官僚機構と

円滑な協力関係に欠けるため、国家的危機への対処を大幅に弱くしている、と指摘した。



 今週に入り、米政府やメディアは総じて日本に厳しい。悲惨な大震災への同情はどこかに吹き飛んで

しまった。



 米国在住のジャーナリストは「ホワイトハウスや議会で連日、日本の原発危機に関する会議や公聴会が

開かれているが、『日本政府や東電は情報を隠蔽している』『混乱して無政府状態』といった反応ばかり。

かなり緊迫している。これを放置すると、反日感情がさらに高まる」と警告する。



 事故発生直後、米政府は原子炉冷却に関する技術的支援を申し入れた。ところが、原子炉の廃炉を前提

とした提案だったため、日本政府は「時期尚早だ」と受け入れなかったという。




 その後も、米政府は外交ルートを通じて、「第1原発は大丈夫なのか?」「本当のことを教えてくれ」

と打診したが、日本外務省は首相官邸の指示もあり、「適時適切に対応している」とお役所答弁。ところが、

第1原発の危機は日に日に深刻化し、水素爆発や放射性物質漏れが発覚した。

 


このためか、ヒラリー国務長官は「日本の情報が混乱していて信用できない」「米国独自の調査で

判断する」とテレビのインタビューで強い不快感を強調。在日米大使館は第1原発の半径80キロ以内に

住む米国民に避難勧告し、東京の米大使館などに勤務する職員の家族約600人に、自主的な国外退避や

日本国内の安全な地域への避難を認めると発表した。



 米メディアも17日朝から「金曜日にも太平洋を超えて米国に放射性物質が到達するから危険」と派手

に報じ、欧州やアジアのメディアも「天災が人災に発展」「事実を隠蔽した」などと報道。



 米西海岸はパニック状態で、抗放射能薬が飛ぶように売れて、品不足状態だという。



 現在、ワシントンに滞在している国際関係学研究所の天川由記子所長は「米政府は菅政権に対し

『大量の放射能漏れを隠している』との懸念を持っている。菅政権の対応の遅さと甘さは、米国民に

『日本人は放射能漏れを起こした厄介者』と思わせかねない」と語る。



 菅政権は、日本を世界の孤児にする気なのか。


 


http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110318/plt1103181529003-n1.htm

 



0 件のコメント:

コメントを投稿