2013年9月20日金曜日

買い占めダメって言ったのに!民主にカップ麺が30箱も…

・16日午後、国会議事堂内にある衆院の民主党控室に、インスタント食品が大量に運び込まれた。

 東日本大震災を受け、枝野幸男官房長官は同日、国民に物品の買い占め自粛を求めたばかり。

 控室周辺にいた記者たちは「政府が自粛要請の一方で、与党は食料買い占めに走ったのか」と

 ざわついたが…。



 台車2台に満載されて運び込まれたのは、インスタント食品29箱。カップのソース焼きそば

 2種類とみられ、1箱12食入りだとすると348食分にあたる。



 被災地では物資不足が深刻化。一方で、首都圏では燃料や食料品、日用品を買い占める人が

 後を絶たず、スーパーやコンビニの棚から商品が消える事態になっている。これを受け、枝野氏は

 16日午前の記者会見で、福島第一原発について説明するよりも先に「被災地以外の皆さんは

 買い占めに走らないようお願いしたい」と国民に求めていた。



 そんななか、民主党に持ち込まれた食料の山。これは一体、何なのか。

 民主党国対職員は「買い占めじゃないですよ。国対幹部の支持者が『使ってほしい』ということで

 持ってきてくれた。なんとかして被災地に送ろうと思っている」と事情を説明。公約違反続出で

 信用を失っている民主党だけに、あらぬ嫌疑をかけられてしまったようだ。

 http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110317/plt1103171129000-n1.htm



※画像:衆院の民主党控室に運び込まれるカップ麺。右上は表札部分の拡大写真

 http://www.zakzak.co.jp/society/politics/images/20110317/plt1103171129000-p1.jpg

 


あらぬ嫌疑なのか?


被災地に送るのであれば直接送ればすむ。保管する必要はなかったはず。今のタイミングでは疑われて当然、ばれなかったら被災地には送らないのでは?



0 件のコメント:

コメントを投稿