2013年9月20日金曜日

韓国、親日派子孫の財産4億8000万円没収を決定

韓国、親日派子孫の財産4億8000万円没収を決定 



 韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領直属機関の「親日・反民族行為者財産調査委員会」は2日、 

日本の植民地統治に協力した「親日派」9人について、子孫らが所有する財産36億ウォン 

��約4億8000万円)を没収することを決定したと発表した。 



 韓国で植民地統治時代の行為によって、財産が没収されるのは初めて。 



 財産没収の対象となったのは、日韓併合条約(1910年)を結んだ李完用(イ・ワンヨン) 

元首相ら9人。現在は子孫らが相続している土地約25万5000平方メートルが没収され、 

韓国政府の所有となる。 



 同委員会は、2005年に成立した「親日・反民族行為者の財産の国家帰属に関する特別法」に 

基づき、昨年8月に発足。同時に設置された「親日・反民族行為真相究明委員会」は昨年12月、 

��06人を日本の植民地統治に協力した「親日派」と公表していた。 



��2007年5月2日13時18分 読売新聞)【ソウル=中村勇一郎】 

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070502i104.htmωfrom=main1 


0 件のコメント:

コメントを投稿