2013年9月20日金曜日

「ストップ・ザ・肥満」で世界初の憲章-。

「ストップ・ザ・肥満」で世界初の憲章-。

 肥満対策を協議する世界保健機関(WHO)欧州地域事務局管内の欧州と中央アジア諸国、トルコなど53カ国の閣僚会議が17日までトルコのイスタンブールで開かれ、「欧州肥満防止憲章」を採択した。高カロリー食品・飲料の広告規制などを盛り込み、設定では2015年までに肥満人口を減少に転じさせる。今回のような憲章は世界初だという。

 憲章によると、同管内では大人の2人に1人、子供は5人に1人が太りすぎで、毎年100万人が肥満が原因の病気で死亡。「肥満は地域最大の健康問題」と位置づけ、食品から脂肪分や糖分を減らすことから、階段の上り下りの回数を増やすことまで呼び掛けた。

 日本でも肥満は問題になりつつあり、内臓に脂肪がたまって心筋梗塞(こうそく)、脳卒中などの生活習慣病に進行する「メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)」の成人の有病者は約1300万人、予備軍は約1400万人(厚生労働省調べ)。ちなみに、国内での肥満の定義は体重(キログラム)を身長(メートル)の二乗で割った体格指数(BMI)が25以上。身長1メートル70で体重が72キロ余のケースだ。気になる人は1度計算してみては?





肥満の人って自分に甘い人って気がするんですが・・私だけ?・・・気のせいかな^^;


0 件のコメント:

コメントを投稿