2013年9月20日金曜日

大韓サッカー協会「反日横断幕には対応しないが、日本側の旭日旗は東アジア連盟と議論」

 大韓サッカー協会は29日、ソウルで28日に行われたサッカー東アジア・カップ男子の韓日戦で、 

韓国の応援団が観客席に「歴史を忘れた民族に未来はない」とハングルで書かれた横断幕を掲げたことについて、 

特に対応する計画はないと明らかにした。 



共同通信や産経新聞、読売新聞など日本の主要メディアが、この横断幕を写真付きで報じた。 

共同通信は主催者側によって試合中に撤去された巨大横断幕について、歴史問題で日本を非難するものだとした上で、 

「応援時の政治的な主張を禁じる国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反する可能性がある」と伝えた。 



日本サッカー協会の大仁邦弥会長は29日、横断幕が掲げられたことに対し、主催者の東アジア連盟に抗議文を提出した。 



また、菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「極めて遺憾だ」と発言。事実関係を確認しており、 

「明らかになった段階で適切に対応したい」とした。 



一方、同じ試合で日本側の応援団の一部が日本の帝国主義を象徴する旭日旗を掲げたため、 

主催者側が制止した。大韓サッカー協会は日本側応援団の行為に関し、 

「東アジア連盟と議論中だ」と述べた。 http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20130729001600882&domain=6&ctype=A&site=0100000000&mobile


 


 


身勝手この上ない韓国の対応だ。



0 件のコメント:

コメントを投稿