2013年10月31日木曜日

「韓国系女性が豪オーディション番組で優勝」~現地ネット上に大量の民族差別発言=人民網

オーストラリアの人気オーディション番組「エックスファクター」の優勝者が韓国系の女性だったことで、現地ネット上には大量の民族差別発言が寄せられた。だが、本人は「どの国にも差別する人はいる」と明るくはねのけている。30日付で人民網が伝えた。

28日晩、韓国系のDami Imさん(25)が数多くのライバルを打ち破り、2013年「エックスファクター」の優勝者となった。だが、その後、ネット上には民族差別的な発言が大量に寄せられた。「アジア人が優勝だって。じゃあ、今回はオーストラリア版じゃなくてアジア版の『エックスファクター』だね」など不満の声が続出。

だが、こうした発言に対し、Damiさん本人は「どこに国にも差別する人はいる」と全く気にしていない様子。「多くの人が私の味方についてくれて、とても感動した。感謝の気持ちでいっぱい」とコメント。Damiさんは優勝が決まった後、瞬く間にiTuneのダウンロードランキングで首位の座に躍り出た。

Damiさんは韓国生まれ。8歳の時に家族とオーストラリアに移住した。優勝の副賞として、Damiさんはレコード会社と契約してデビューすることが決まっている。
(編集翻訳 小豆沢紀子)http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/364350/

0 件のコメント:

コメントを投稿