2013年10月3日木曜日

ネット上で「虚偽の噂」広めると3年間勾留 中国

中国では、2012年の2カ月間で1,065人が、インターネットで「虚偽の噂」を流したとして逮捕されている。噂が5,000件以上の訪問を受けるか、SNSで500回以上言及された場合、噂の発信者は3年間、拘留される可能性がある。
湖北省咸寧市にあるネットカフェ。2008年撮影。画像はWikimedia Commons

中国当局はこのほど、同国のルールに従わないアプリを禁止すると発表した。「虚偽の情報」や、禁止されている外国サイトからのニュースを公開するニュースアプリなどを指すものだ。
 中国でのアプリは多くの場合、人々が「グレート・ファイアウォール(防火長城)」(日本語版記事)を迂回して、禁止されたサイトや情報にアクセスする手段になっている。


ロイター通信の報道によると、この傾向を知る中国国務院情報省(Chinese State Council Information Office)は、アプリ開発者に向けて、封鎖を迂回するやり方を「改める」ことを求める声明を出した。
 情報省が問題にしているのは、「ポルノやわいせつな情報」を公開して「若者たちの心と体の健康に悪い影響を与えている」アプリなどだが、さらに重要なのは、「虚偽の情報を公開するアプリ」が含まれていることだ。
 狙いを付けられているアプリのひとつが「Zaker」。マイクロブログ、ニュース、ブログ、新聞、雑誌などからコンテンツを集めるアプリだ。(2007年創業のウェブ会社Dooland(読覧)社が運営しているもので、2011年5月に中国でブロックされた「Flipboard」の代わりとして人気を集めてきた。以下の動画はそのCM動画)
 2012年には、Sina.comなどのサーヴィスプロバイダーが、「噂」を食い止められないことを理由に懲戒処分を受けた。また、5億人が登録するとされるマイクロブログ「Weibo」(新浪微博:シナウェイボー)は、すべての「噂」を削除するために数日間、閉鎖された。
 「China Daily」の記事によると、2012年の2月から4月までの2カ月間で1,065人が、インターネット利用と噂に関する罪で逮捕されている。
 また、インターネットを管理する法律の改正では、マイクロブログやフォーラムでは、個人が実名で登録する必要があるとする規則が追加された。
 つい数週間前、中国の最高裁判所は、オンラインの噂が5,000件以上の訪問を受けるか、SNSで500回以上言及された場合、噂の発信者は3年間、拘留される可能性があるという判断を下した人民日報サイトがライヴ放映を行った記者会見で、裁判所の広報は、「ほかの人への中傷を『言論の自由』とする国はないはずだ」と語った。
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/131002/wir13100217330001-n3.htm

0 件のコメント:

コメントを投稿