2013年10月7日月曜日

「韓国産だって分かったら売れないでしょ?」 イオン、原産国表示を自社工場を経由させる事で消去



材料の原産国表示を自社の製造工場に経由させる事で意図的に消している イオンのトップバリューは要注意




酒・菓子原料の加工用米も混入?…イオン中国米混入問題
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131002-OYT1T00686.htm

偽装米、8割が中国産…イオンは危険な食品だらけ?告発本は即撤去の横暴

イオンのトップバリュ商品がもはやテロだと話題に

イオンモール羽生に独島広告登場!!




東京より放射線量が多いソウル いつもの日本非難の鉄面皮



★日本人が絶対に知っておくべき事★

 民主党政権下の2011.6.1 突如、韓国製食品の日本向け輸出が「衛生検査が3年間免除に」

  イオン(ジャスコ)の創業者は、民主党幹事長岡田さんの父親! 現社長も実の兄!!

【放射能韓国】 東京の60倍!放射線量が多い韓国ソウル、韓国五輪は中止すべきではないか?という声
なんと福島の緊急避難区域より放射線量が多い韓国ソウル

そもそもが「ディスカウント・ジャパン」(=国際社会で日本を貶める)運動の一環なのだが、
2020年夏季五輪の開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会に向けた、韓国人の工作は執拗だった。
そして出してきたのが、「放射能がいっぱいで、危ない国・日本」のキャンペーンだった。
それまでは“民間の運動”の形だったが、最後は韓国政府も「福島周辺8県からの水産物輸入禁止」という緊急措置を発表することで、運動の隊列に加わった。

聯合ニュースは先月7日、駐日韓国大使館のホームページにあった文言として
「東京の放射線量は時間あたり0・034~0・052マイクロシーベルトで、同日のソウル(0・108~0・154マイクロシーベルト)より低かった」と報じている。
それとの因果関係は分からないが「韓国人女性の甲状腺がん発症率は日本の14倍」(中央日報12年11月2日)という事実がある。

「鬱陵島(ウルルンド)の南方海域に核廃棄物を大量に投棄したのはどこの国か」
「放射能がいっぱいで、危ない国とは韓国のことではないか。
18年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪を返上すべきではないのか」
日本の外務省当局者は、外国人記者向けブリーフの席で、このぐらい言うべきだったのではないか(いや、これからでもいい)。

平気で「放射能がいっぱいで、危ない国・日本」と叫べる鉄面皮の国があることを知っておくべきだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿