2013年10月3日木曜日

マーク・ウェバー、F1韓国GPの“品格”に疑問


マーク・ウェバー

マーク・ウェバーは、ペイドライバーが才能のあるドライバーを締め出してしまう現状、そして観客が入らないF1韓国GPのようなレースに対しての持論を述べた。

マーク・ウェバーは、ペイドライバーの状況について「トップの若手が上がってこれないような空白を作ってしまわないように気を付けなければならない」と Sky にコメント。

もう一つの問題は、F1韓国GPのようなレースだとマーク・ウェバーは語る。

クオリティを保つことは重要だと思う。クオリティの高いイベントを維持するべきだ」

韓国は、F1グランプリとしてはある種独特の場所であり、ジャーナリストやメカニックたちは“ラブホテル”への滞在を強いられる。

「誰も見に来てくれない」とマーク・ウェバーはF1韓国GPを嘆く。

「F1は、品格のあるイベント、品格のあるドライバー、品格のあるチームが必要だし、そういうものを守っていくべきだ」

0 件のコメント:

コメントを投稿