2013年11月6日水曜日

中国共産党ビル前で連続爆発 山西省 「小型の爆発物」負傷者も

 

【北京=矢板明夫】新浪ネットなど複数の中国ニュースサイトによると、6日早朝、山西省太原市の中国共産党同省委員会の庁舎付近で、連続爆発が起きた。爆発は「小型の爆発物」によると伝えられ、これまでに1人が負傷した。
 治安当局は現場周辺の道路を封鎖しており、共産党機関を狙ったテロの可能性を視野に捜査に乗り出したもようだ。
 爆発は午前7時40分(日本時間同8時40分)ごろから、7回程度連続して起きたもよう。地元当局では車両2台が破損したとしているが、中国中央テレビのニュースサイトは約20台の車が巻き込まれたとしている。
 爆発物は、党委員会の施設前の花壇に設置されていたとの情報がある。
 中国では10月28日、北京の天安門前にウイグル族とみられる3人が車で突入し、炎上する事件が起きたばかりだ。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131106/chn13110610490001-n1.htm
 

0 件のコメント:

コメントを投稿