2013年11月2日土曜日

「極めて有害」北京で深刻な大気汚染、霧日数が50年ぶりの記録


大気汚染が深刻化し、視界の悪い北京市内=2日(共同)

大気汚染が深刻化し、視界の悪い北京市内=2日(共同)
 中国北京市周辺は1日から2日にかけ、深刻な大気汚染に見舞われ、信頼性が高いとされる米大使館サイトによると、微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が「極めて有害」に相当する1立方メートル当たり300マイクログラムを超えた。
 2日付の中国紙、新京報によると、気象当局は1日、中国全土で10月に霧を観測した日数の平均は4.7日になったと発表した。例年同月と比べ約2倍になっており、約50年ぶりの記録だ。
 霧には有害物質が含まれているため、大気汚染の深刻さをあらためて示した形だ。
 特に北京から上海付近までの経済発展地域で、有害物質を含んだ霧が発生しており、北京市に比較的近い山西省や河南省の一部では10月、霧を観測した日数が20日を超えた。北京市やその周辺の河北省などでも、平均よりも5~10日、霧の日が多かった。

0 件のコメント:

コメントを投稿