2013年11月6日水曜日

中国山西省の共産党ビル前で連続爆発、自家製爆発物で1人死亡、8人重軽傷 


6日、中国の短文投稿サイト「微博」に投稿された、中国山西省太原市の山西省共産党委員会建物前での爆発で騒然とする現場周辺とされる写真(共同)
6日、中国の短文投稿サイト「微博」
に投稿された、中国山西省太原市の
山西省共産党委員会建物前での爆発
で騒然とする現場周辺とされる写真(共同)
 
 【北京=矢板明夫】中国国営新華社通信などによると、6日早朝、中国北部の山西省太原市中心部にある中国共産党山西省委員会の庁舎付近で、連続爆発が起きた。この爆発で、1人が死亡、1人が重傷のほか、7人が軽傷を負った。爆発は「自家製の小型爆発物」によるとされ、治安当局は共産党機関を狙ったテロの可能性を視野に捜査に乗り出したもようだ。

 爆発は午前7時40分(日本時間同8時40分)ごろ、7回連続して起きたもよう。現場では大きな爆発音とともに閃光や煙が目撃された。付近では割れたガラス片などが散乱している。
 現場では、パチンコ玉のような小さな鋼鉄球が多数散らばっていることから、新華社通信は自家製の爆発物との見方を報じた。
 同通信が伝えた目撃情報では、共産党委員会の施設ゲート付近でミニバン1台が爆発したとしている。これとは別に、施設付近の花壇で爆発が起きたとの情報もある。

 中国中央テレビのニュースサイトは約20台の車が巻き込まれたとしている。現場は太原市内の中心部にあり、爆発当時は党委施設前の迎沢大街を通行する車両などで混み合っていた。
 中国では10月28日、北京の天安門前にウイグル族とみられる3人が乗った車両が突入し、炎上する事件が起きている。
 中国共産党は、今月9日から北京で重要会議である第18期中央委員会第3回総会(3中総会)を開く予定で、国内の治安維持に神経を尖らせていた。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131106/amr13110612510005-n1.htm
 

0 件のコメント:

コメントを投稿