2014年3月16日日曜日

反日韓国企業のイオン 最終利益46%下方修正

 


イオン 最終利益46%下方修正
K10059847111_1403150203_1403150205.mp4
大手流通グループの「イオン」は、衣料品や食料品の販売が振るわなかったことなどから、先月末までの1年間の最終利益の見通しを、当初の予想より46%下方修正しました。
発表によりますと、イオンは先月末までの1年間の業績予想について、当初の予想では最終利益を過去最高の750億円としていましたが、これを46%引き下げ400億円に下方修正しました。
理由について会社では、天候不順の影響などで衣料品の販売が振るわなかったことや、ほかのスーパーやドラッグストアなどとの厳しい価格競争で当初の予想どおりに収益が上げられなかったためとしています。
一方、グループ全体の売上高は、去年8月にダイエーを子会社化したことなどから前の年の同じ時期より6.7%増え、6兆4000億円に上る見通しです。
イオンでは「消費税率の引き上げで事業環境は厳しくなるが、売り場の改装や品ぞろえを強化するなどして業績の回復につなげたい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140314/k10015984711000.html

0 件のコメント:

コメントを投稿