140411_dcj_59_20140411170606

韓国内のインターネットサイトで、日本軍慰安婦が『自発的性売買』だったと主張するオンライン署名運動がキャッチされた。

TwitterなどのSNSでは11日、署名運動が起きているキャプチャ写真が登場した。ここには太平洋戦争の当時、強制で徴集された日本軍慰安婦が、自発的売春女性だったと主張する内容が込められている。さらにはは署名の結果を、日本の外務省に伝達するとも書いている。

この署名運動は、有名コミュニティサイトであるDCインサイドの会員が主導した事が分かった。

DCインサイドの歴史ギャラリー会員であるこのネチズンは去る8日、天空のカフェ(意訳)に「これ以上、世界に向けて嘘はつかないでください。慰安娼婦」というタイトルの署名運動を開始した。

サイトを開設したネチズンは、「太平洋戦争当時の米軍報告書の実際の内容」と言いながら、「慰安婦は強制動員ではなく志願募集であり、1ヶ月の平均給与は700~1500円」と主張した。

また、当時の京城日報と毎日新報を引用して、「日本軍が慰安婦を正式に求人する広告もある」とし、「現代の日本でも売春が起きている。韓国は伝統的な売春国家」と罵倒した。

該当のサイトでは12日(多分、11の間違い)の午後5時現在、665人が署名した。署名に参加したネチズンたちは、「歴史的事実の変更は不可能だ」、「慰安婦の真実を明らかにしてください。ヨクゲル(歴ギャラ=歴史ギャラリーの略)ファイティング」など、応援の声を送った。

世論は公憤した。

ネチズンたちは、「このような者らが国を売り飛ばす」、「虚偽事実の流布でハルモニたちの名誉を毀損している。身元を把握して全員処罰しなければならない」となどの反応を見せた。

ソース:NAVER/国民日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=005&aid=0000645719