「ソウルの素顔」見物、どこでも地下鉄で1ドルでOK

「地下鉄でもいくらでも飛行機や汽車のように旅行することができます。ソウルでは1ドルあればいいでしょう。あなたが降りた所がそのまま旅行地になるのです。」

米国人のチャーリー・アッシャー(Charlie Usher・32)にとって地下鉄は出退勤の手段ではなく旅行手段だ。チャーリーはソウルだからこれが可能だと考える。ロンドンやニューヨークに比べてソウルの地下鉄が安くてきれいなためだ。最近発刊された『チャーリーとリズのソウル地下鉄旅行記』には彼がどのようにこの考えを実践に移したのかが現れている。
(略)
ソウル生活に慣れたチャーリーは故郷のウィスコンシン州に戻ると時々不満を漏らしたりする。「米国という所はスターバックスさえ車に乗って行かなければならない所です。ロサンゼルスやヒューストンを一度、車なしで旅行してみてください。そしたらソウルの地下鉄がどれくらいよくできているのかお分かりになるでしょう。」

全文はソースへ
2014年05月02日13時17分
[中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/903/184903.html?servcode=400§code=400&cloc=jp|main|breakingnews
http://japanese.joins.com/article/904/184904.html?servcode=400§code=400
【関連】
<韓国>ソウル地下鉄駅で後続列車が追突 100人超負傷か
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1399018098/