【ソウル聯合ニュース】東京都内で生活雑貨を販売する「TODAY’S SPECIAL」の人気のプラスチック製ボトル「マイボトル」が韓国でもブームとなり、インターネット通販を通じ直接購入する人が急増している。業界関係者によると、類似商品も相次ぎ登場し、正規品より安価なため販売は好調だという。

マイボトルは500ミリリットルの透明な水筒で、本体に黒字で大きく「MY BOTTLE」と書かれている。本体は哺乳瓶などに使われる飽和ポリエステル樹脂製で、耐熱温度はマイナス40~100度。

韓国では今年に入ってから交流サイト「フェイスブック」などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じ、マイボトルに果物や飲み物を入れた写真が広まり、人気が出始めた。

定価1512円で、TODAY’S SPECIALのオンラインストアでは品切れとなっている。店舗も都内に2店舗しかないため、韓国の人が手に入れるのは容易ではない。

そのため韓国では非正規の取引価格が急騰しており、最高で6万~7万ウォン(約6000~7000円)で取引されている。

韓国企業も類似品をいち早く発売し、人気を博している。
カフェチェーン「マンゴーシックス」が4月に発売したタンブラー「シックスボトル」は、マイボトルと同様に透明の本体に商品名が書かれている。第1、2次予約販売時にサイトにアクセスが殺到するなど人気を集め、定価(1万5000ウォン)より高い2万ウォン前後で取引されている。

他の企業も類似品を相次ぎ発売している。業界関係者は「マイボトルが人気をけん引し、今年は透明な製品を中心に水筒の販売が急増している」と説明する。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/05/20/0200000000AJP20140520000800882.HTML

「マイボトル」(左)と類似品=(聯合ニュース)

20140520100543_bodyfile