2014年5月15日木曜日

【緊急拡散】美味しんぼ風評被害騒動の目的が外患誘致罪にあたるとネットで話題に

 

風評被害の漫画「美味しんぼ」で、小学館・総務部に電凸


風評被害の漫画「美味しんぼ」で、小学館に2回目の電凸


「重大問題」は
東日本大震災で疲弊している、東北地方を
中国共産党や韓国・朝鮮人が狙っている可能性があります。

中国企業(中国共産党や中国人民解放軍傘下)などが
太陽光発電事業名目等で、大規模に土地買収中です
「風評被害」を作りだし、土地の価値を半減させ、買収を狙っている可能性があります

反原発活動の中にも
日本破壊を企む過激組織「中核派」や中国共産党や朝鮮勢力が混在しています。

岩手県は、人民解放軍の「野戦司令官」小沢一郎の地元。

宮城県は、仙台市市長の奥山氏が「中国パンダ歓迎」、「大規模中国領事館」建設推進

福島県は、復興予算で、中国企業に「企業立地推進補助金」30億円も補助の対象にしています     南相馬市長は、中国企業「GMG社」の太陽光発電事業用地、30ヘクタール確保し癒着

茨城県は、茨城空港に、中国との「直行便開設」で、中国人をどんどん引き入れています。

全ては、日本を侵略する「中国共産党」の工作活動の可能性があります。
http://www.news-us.jp/article/397092841.html

0 件のコメント:

コメントを投稿