2014年5月9日、中潔網によると、衛生陶器大手「TOTO」の上海工場で6日、賃金を巡って大規模なストライキが発生した。

同工場の従業員らは賃金を下げられたことに不満を示し、1000人以上によるストにまで発展。工場内の監視カメラが壊され、日本国旗が燃やされるなどの過激な行動も伝えられている。

日本メディアは、会社側は増額を提示したが逆にカットされると誤解が広まりストが発生したと伝えている。

騒動は7日に収束したが、ストはなおも続き、8日も生産はストップしていると伝えているが、
中国では詳細な報道は見られていない。(翻訳・編集/内山) 

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=87799