2014年6月18日水曜日

テキサス親父のYoutube動画、削除される 韓国政府から有害動画指定・削除

テキサス親父 韓国政府から有害動画指定・削除と報告
テキサス親父日本事務局は、「テキサス親父」ことトニー・マラーノ氏の動画が韓国政府に
よって有害動画指定を受け、削除されたことを公式HPで報告した。

マラーノ氏は、従軍慰安婦問題や靖国参拝について中韓の執拗な反発に異議を唱えることで
知られている。これまでに「慰安婦は高給取りの売春婦だった」などの動画も公開した。

そして「カトリックの総本山であるバチカンには東京裁判で死刑になった1060人の魂が
祀ら
れているんだ。朝鮮人日本兵も含めて分け隔てることなくな。なぜ、中国と韓国は法王に
文句
を言わないんだ?」などと意見をし、ネットユーザーから「正論だ!」と支持されることが多い。

そんなマラーノ氏の動画がYouTubeのガイドライン違反とのことで削除されたのだが、
これを
韓国政府の攻撃によるものである事が明確だと説明した。

そしてこの攻撃については「これは、完全にテキサス親父の動画が、韓国政府の戦略の邪魔を
していて、これが自国民に閲覧されることが、とても困ると言う事の証明です」と説明した。

なお、マラーノ氏は作家・百田尚樹氏らとともに「テキサス・ナイト in JAPAN 2014」を
全国
4カ所で開催することも発表されている。イベントは「歴史プロパガンダ戦争勃発! 
日本を取り
巻く情報戦を徹底ロンパセヨ!!」という内容のようだ。

825c6c7b1f805641c8dfbcb3fb492b0c

http://yukan-news.ameba.jp/20140617-1101/

0 件のコメント:

コメントを投稿