2014年7月29日火曜日

ルール無視の韓国人に登山ルール 韓国語で


  • 急増する韓国人登山客に向け、登山のマナーや注意点を韓国語で記した「韓日登山比較表」
  •  県山岳遭難防止対策協会は、近年増加している韓国人登山者向けに、登山のルールや注意点を韓国語で記したパンフレットを1万部作った。中央アルプス檜尾岳(2728メートル)付近で韓国人パーティー20人のうち4人が死亡した山岳遭難から29日で1年。再発防止のため、8月から上高地の登山口や韓国の登山用品店などで配る。
     韓国では登山ブームが続いており、2000メートルに満たない国内の山に飽きたらず、3000メートル級の山々が連なる日本アルプスへの登山ツアーが人気を集めている。県遭対協の事務局を務める県山岳高原観光課によると、特に北アの上高地から槍ヶ岳、穂高連峰を2泊3日で縦走するコースが人気で、最盛期は山小屋に100人以上の韓国人客が宿泊する日もあるという。
     問題は、日本に比べ装備が不十分な点。韓国では、登山は主に日帰りで、悪天候時に入山が規制されることが装備の違いに現れている。檜尾岳の遭難では、死亡した4人のうち3人の死因は低体温症だった。雨で気温が下がったが、雨具が不備だったためとみられている。
     県遭対協が作成したパンフ「韓日登山比較表」はA4判4ページで表紙に槍ヶ岳の写真を掲載。天候が急変したり、技術を要する岩稜帯ルートが含まれたりするなど日本アルプスの厳しさを記し、必要な装備やマナーなどを韓国の場合と比べている。ゆとりある日程や天気予報の確認、山岳保険加入などを呼びかけている。
     ハンディーサイズのA5判作成も検討しており、韓国で150店舗展開している日本の登山用品メーカー「モンベル」で配布するほか、韓国の旅行会社にネットで情報提供する。
    2014年07月29日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

0 件のコメント:

コメントを投稿