2014年7月13日日曜日

韓国政府基金、LINE社2番目の大株主になる

最後に資金面での韓国政府とLINEのつながりを紹介したい。 LINEの100%親会社は韓国企業・ネイバーであるが、その株式の7%以上は韓国の 国家年金運用基金(National Pension Service)が保有しており、第2位の株主となっている。 そして同基金の組織図および監査方針をウェブサイトで見ると、その投資活動は韓国政府・ 厚生省(保健福祉部)と財務省(企画財政部)を通じて大統領府の監督下にあり、投資運用方針 については政府内で検討される仕組みである。 また国会による年次監査も受ける定めとなっているので、 LINE株式会社は文字通り韓国政府のお墨付きのもとで資本を注入されている企業となる。 NPS_Korea_2 http://echo-news.net/japan/why-is-korean-line-recruiting-spying-police-elites-and-politician-secretaries

0 件のコメント:

コメントを投稿