2014年8月14日木曜日

舛添要一「ヘイトスピーチがなくならなければ東京オリンピックを返上する」

それにしても25日、ソウルの大統領府で朴槿恵大統領に媚びを売るようなつくり笑いで、
ぺこぺこ頭を下げていた舛添要一東京都知事、みっともないったらありゃしない。
韓国メディアは得たりとぺこぺこシーンを繰り返し報道していたという。
要は最近、話題になることの少なかった舛添都知事のスタンドプレーだ。


しかも「週刊文春」によると今度の訪韓、朴元淳ソウル市長の招待に応じたものだった。
この朴市長元弁護士で、日本でも騒動になった女性国際戦犯法廷(2000年)に検事役として
参加、
昭和天皇に有罪判決を下した張本人で、ゴリゴリの反日政治家だという。

朴大統領との会談で、舛添知事、ヘイトスピーチに言及
「ヘイトスピーチがなく成らなければ、東京オリンピックを返上する」とまで言ったという。
それをいうなら、韓国のヘイトアクション、安倍総理の写真にバッテンを書いたり、
日の丸を燃やしたりする、あのへイトアクションもやめさせろというべきだろう。

舛添知事、「都知事という自由な立場を使い、日韓関係の改善につなげたい」そうだが、
都知事が取り組むべきは、まず都政だろう。
問題山積ですぞ。
その後、『WiLL』で舛添知事にインタヴューを申し込んだが、にべもなく断られた。
14063214560001

http://bylines.news.yahoo.co.jp/hanadakazuyoshi/20140810-00038134/

0 件のコメント:

コメントを投稿