2014年9月17日水曜日

大麻所持容疑で15人逮捕 群馬の野外パーティー

 

大麻所持容疑で15人が逮捕された野外パーティー会場(上)=15日、群馬県下仁田町(群馬県警提供)
大麻所持容疑で15人が逮捕された野外パーティー会場(上)=15日、群馬県下仁田町(群馬県警提供)
 「レイブ」と呼ばれる野外音楽パーティーの会場で乾燥大麻などを所持したとして、群馬県警は16日までに、大麻取締法違反などの疑いで、神奈川や長野など1都6県の29~41歳の男女15人を逮捕した。
 逮捕容疑は15日朝、群馬県下仁田町南野牧の山中にある空き地で開いたパーティー会場で、乾燥大麻などを所持した疑い。15人のうち、主催者の電気工事士、遠山健太郎容疑者(37)=山梨県都留市=ら4人が容疑を否認している。
 県警によると、パーティーは13日から開催し、15日朝は59人がいた。インターネット交流サイト「フェイスブック」を利用する特定のグループの人だけが参加していた。
 県警が情報提供を受け捜査していた。危険ドラッグ(脱法ドラッグ)とみられる薬物も押収しており、鑑定を進めている。

0 件のコメント:

コメントを投稿