article_10094001912337_99_20141010095112

クラウン製菓の製品から食中毒菌が検出されて、衝撃を与えている。

ソウル西部地検・不正食品事犯合同捜査団(団長=イ・ソンフィ部長検事)によれば9日、基準値以上の細菌が検出されて廃棄しなければならない製品を5年間市場に流通させた疑い(食品衛生法違反)で、クラウン製菓生産担当理事のシン某(52歳)など役員3人を拘束起訴し、工場長のキム某(52歳)など4人を在宅起訴した。

シン容疑者らは『有機農ウエハース』、『有機農チョコウエハース』など2品目に対する社内品質検査の結果で基準値以上の微生物と食中毒菌が検出されたが、2009年3月から今年 8月まで31億ウォン分を流通した疑いを受けていて衝撃を与えた。

社内品質検査でこのような不適合の結果が出た場合、必ず保健当局に申告する事になっているが、これらは任意で再検社をした後市場に販売した事が分かった。

このような経路で販売された一部の製品からは、1g当たり最大280万個の細菌が検出されて衝撃を与えていて、何と基準値の280倍もなる数値だ。

問題になった製品は主に忠北(チュンブク)鎮川(ジンチョン)工場で製造された。

検察は清掃しにくい配管構造など、設備の問題によって細菌が増えたと推定している。

これに対してネチズン(ネット市民)たちは。「ショックだ」、「どうしてこうなった」、「怖いー」などの反応を見せた。

ソース:NAVER/電子新聞(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=030&aid=0002310286