2014年10月15日水曜日

【在日特権】三重県で在日韓国朝鮮人の『住民税半額』に…「不公平だ」と批判相次ぐ

    
unnamed
三重県の自治体で、定住している在日韓国・朝鮮人の住民税を半額程度に
減免していたことが相次いでわかり、波紋を広げている。


現時点で2つの自治体が事実関係を明らかにしているが、
「調査中」としている自治体もあり、今後も減免していた例が明らかになる可能性がある。

民団や朝鮮総連との交渉で始まったとみられるが、税の公平性の観点から批判が出そうだ。

在日が裕福でなかったための措置??

今回のケースが発覚した発端は、同県北西部の伊賀市で起こった詐欺事件だ。
同市の総務部長を務めていた長谷川正俊被告(59)=懲戒免職=が、

土地登記の名義変更に多額の贈与税がかかると偽って、知人から現金を
だまし取ったというもの。

この「余罪」として、中日新聞が2007年11月11日、
伊賀市が数十年前から
在日韓国人や在日朝鮮人を対象に住民税を減額していた措置を長谷川被告が利用し、

市内の元在日韓国人から約1800万円を着服していた疑いのあることが分かった」

と報じたものだ。これを受けて翌11月12日には同市が会見を開き、
最大で半額を減免していたケースがあったことを明らかにした。


この措置は、遅くとも1960年代後半には、地元の在日本大韓民国民団(民団)や
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との交渉で始まっていたとみられ、
経緯については、市の税務課では「関係した方から伝え聞いたことをもとに
想像するしかない」としながらも、
「(朝鮮人がねつ造した)強制連行や差別などがあった
時代に、(在日韓国・朝鮮人が)裕福ではなかったという情勢から判断したのでは」としている。


この措置は05年11月に廃止が決まり、06年度いっぱいで実際に廃止されている。
廃止時点で、その「恩恵」を受けていたのは、約50人だった。
同市には、電話やメールなどで、会見前に115件、会見後には23件の意見や問い合わせが
あり、内容の大半は、「減免措置は不公平」といった批判的なものだったという。
桑名市でも、1970年ごろから同様の措置
伊賀市だけではなく、三重県北部の桑名市も、1970年ごろから同様の措置を
行ったことを明らかにしている。措置が始まった経緯については、税務課では

「記録として残っていないので定かではない」と話している。

その一方で、

「時代背景が(措置を始めた)当時とは変わってきた」として02年には措置を
やめることを決め、07年度いっぱいで廃止する。

現時点で措置の対象になっているのは約250人。

同市にも、減免措置についての意見や問い合わせが10数件寄せられている。

また、中日新聞は、05年2月に三重県四日市市編入合併された旧楠町についても、
「03年ごろまで在日韓国・朝鮮人を対象に、条例などを制定しないまま半額に減免していた」

と指摘した。J-CASTニュースが四日市市の市民税課に聞いたところ、
「旧楠町から資料を引き継いで調査しているところですが、難航しています。

いつ発表できるかのめども分かりません」と、困惑気味だ。

もっとも、この減免措置がほかの自治体でも明らかになる可能性があり、
市民からの批判の声がさらに高まりそうだ。


http://news.livedoor.com/article/detail/3398735/

0 件のコメント:

コメントを投稿