2014年10月19日日曜日

【衝撃発言】朝日新聞・木村社長「韓国は日本の兄。韓国無しに日本文化はなかった。東海を平和の海にするため朝日新聞もできることがないかを探さなければ」

  日本軍慰安婦問題と関連したいわゆる'吉田組で'誤報事態で
日本保守勢力から強い批判を受けている日本朝日新聞の木村木村伊量社長は

韓日関係と関連して
"過去を冷静な目(雪)で、一点曇ることなく明るい目で眺めてこそ
今後の未来も開かれるだろう"
と話した。

木村社長は韓国言論振興財団と韓日未来フォーラムなどが主催した
韓日言論人フォーラム参加のために東京を訪問した韓国報道機関と去る16日会って
"韓日間に尖鋭に問題になることが慰安婦問題、日本では竹島と呼ぶ独島(ドクト)を
囲んだ領土問題"
としながらこのように話した。

彼は
"日本国内には'韓国たたき'雰囲気が非常に今高まっている"
としながら

"嫌韓など聞くことさえきまり悪い話が出るのに、これが日本全域に
拡大していると話したくはないが
一部保守右翼だけでなくこの頃は
若者の間でも広がって憂慮するほどの事態につながっている"
と伝えた。

彼は
"韓国内でも日本に友好的心を持った人々が多かったが、最も頂点だった時点と
比較すると今は急激に落ちた"
としながら

"韓国内でも国粋主義的な雰囲気があることで報道に接している"
と話した。

彼は
"韓日は離そうとしても離すことはできない関係の国"
としながら

"両国言論が行き過ぎた国粋主義的事態をよくコントロールする役割をして
長い観点で見る時友好増進につながれるように努力をしなければならない。
それがジャーナリストの役割"
と強調した。

木村社長は引き続き
"とても自国の自尊心をいえば互いに衝突する"
としながら

"自尊心を前面に出した接近よりは尊敬を前面に出した接近に変えなければならない。
互いに差を認めて見解を表現することが望ましい"
と明らかにした。

それと共に
"日本の文化は韓国の影響をたくさん受けた"
としながら

"韓半島がなしで日本の文化が豊かになることができなかったと考える。
そのようなメンで韓国は日本の兄格だ"
と話した。

彼は
"今後も韓国と連帯関係を篤実にしていくべきだということが私たちの信条" としながら

"東海、(日本が主張する東海の名前である)日本海を平和の海で作ろうという次元で
朝日新聞もできることがないかを探さなければならなくて韓国言論も知恵を加えれば
良いようだ"
と明らかにした。
PYH2014091112270007300_P2

http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.yonhapnews.co.kr%2Finternational%2F2014%2F10%2F17%2F0602000000AKR20141017209300043.HTML&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_chr=

0 件のコメント:

コメントを投稿