2014年10月26日日曜日

ヒュンダイタクシーが急加速し中華料理店へ激突

ヒュンダイタクシーが急加速し中華料理店めざしてまっしぐら
「乗客を降ろして、下り道を戻って出る時、急に車が発進していきました。
ブレーキを踏んでも約に立たなかったよ」
去る7日午前、京畿道楊州市ボンヤンドンの三叉路。 ドアと壁が壊れた中華料理店の修理工事が盛んでした。 ここで会った個人タクシーの運転手は60歳バクスンホさん。 朴氏がモールデンタクシーは四日前に、問題の中華料理店の建物とぶつかる事故があった。 当時の状況は非常に切迫しています。 「ブレーキを踏んではいけないから、車をどこに置い必要だろう、 少なくとも他の人に被害を与えないようにどこかにぶつからなければならないと考えました。 ここでは、偉大な長さじゃないですか。 向こうから車が出て、この程度の弾力性にぶつかると死ぬから、 「どうぞ、他の車だけ来るな」と言いながら その隣の工場の壁にあてようとしたらタイミングを逃した。」

(後略)



KBSニュース
http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_NEWS_CODE=2844953&ref=N

0 件のコメント:

コメントを投稿