2014年11月7日金曜日

舛添要一都知事、政治資金で絵画・美術品など896万円購入、事務所家賃も自宅に1516万円…計2412万円の不適切な計上



舛添要一都知事 政治資金で絵画、美術品など896万円購入 事務所家賃も自宅に
1516万円:計2412万円の不適切な計上


舛添要一東京都知事が、参議委員議員だった平成23年と24年だけで、自分が代表を務める
政治資金管理団体と政党支部から「調査研究費」の「資料代」と言う名目で
画廊やアートギャラリー、高級な美術書専門の古書店などから
物品896万円を購入していることが政治資金収支報告書の記載から分かった。

さらに舛添都知事はこの2つの団体(グローバルネットワーク研究会と新党改革比例区第4支部)と、 もう一つの政治団体「舛添要一後援会」の事務所も自宅において、やはり自宅に作っている 「株式会社舛添政治経済研究所」へ平成22年から24年に家賃1516万円を支払わせて自分にキャッシュバックし、合計で2412万円を支出する会計処理をしていた。
index

http://echo-news.net/culture/tokyo-governor-youichi-masuzoe%E3%80%80scums-for-his-art-addiction

0 件のコメント:

コメントを投稿