2014年11月1日土曜日

【米韓】「サムスンがLCDテレビをLEDテレビとして販売し、消費者を欺いた」、米国の消費者らが集団訴訟


サムスン電子がLCD(液晶パネル)テレビをLED(発光ダイオード)テレビとして販売し、消費者を欺いたとして、米国の消費者らが集団訴訟に乗り出した。

米国ニュージャージー連邦裁判所は先月30日(現地時間)、米国の消費者4人が「サムスン電子はテレビのディスプレーにLCDを使用しているにもかかわらず、LEDを使用しているかのように欺いて販売し、消費者の誤解を招いた」という内容の訴状を提出したと明らかにした。

厳密に言えば、現在LEDテレビとLCDテレビはいずれもディスプレーにLCDを使っている。両者の違いは、画面をより鮮やかに見せるための光源(バックライト)だ。LCDテレビは光源に冷陰極蛍光ランプ(CCFL)を使用しているのに対し、LEDテレビは、LEDを光源として使用している。蛍光ランプの代わりにLEDを使うと、ディスプレーを薄くできる上、消費電力も少なくすることができ、最新のテレビは大半がLEDを使用している。訴訟を起こした米国の消費者たちは「サムスン電子は、使用説明書にこのような内容を書かなかったため、消費者に対し『LEDテレビは画面全体がLED』という誤った印象を与えたと説明。その上で「LEDテレビは『LEDを光源に使用したLCDテレビ』と呼ぶべき」と主張した。

サムスン電子は『LEDテレビ』とは新技術を強調したマーケティング用語で、今では一般的な名称のように使われている。裁判所が正しい判断を下すと信じている」との立場を表明した。

白剛寧(ペク・カンニョン)記者

ソース:朝鮮日報 2014/11/01 08:48
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/11/01/2014110100553.html

0 件のコメント:

コメントを投稿