2014年12月23日火曜日

アンジェリーナジョリーの反日映画を民団が全面協力していた

アンジェリーナ・ジョリー監督の映画「アンブロークン」のポスターが完成


元在日韓国人で日本に帰化した者ですが、この映画が全世界に公開されることを多くの在日朝鮮人が喜んでいますよ。(中国人は分かりません)

私の家族の中では帰化したのは私と弟だけで、それ以外の者は民団と親しく反日に精力的で、この映画の日本人兵の役を決める時も、民団に依頼があったと数年前に叔父が言っていました。だからMIYAVIも民団と繋がっていることは明らかですね。資金も提供してます。

日本人が世界でバッシングされ「悪人」とみなさればされるほど、在日は密航した事実を強制連行として主張しやすくなりますし、日本政府へ更なる在日優遇処置を要求しやすくなりますからね。

アメリカだけではなくイギリス、カナダ、オーストラリアなど全世界でこれから年末から正月にかけてもっと大きなプロモーションをやる予定だそうです。中国、韓国政府、また在日含め世界に散らばる中韓人が資本元になっているのでとても莫大な資金をそれに費やせるためです。

あと、この映画以外にあと数年で何本か反日の映画がハリウッドで製作されるようなので、この映画はただのジャパンバッシングの始まりとみなした方がいいでしょう。ただの始まりです。
日本人は今のうちに声を上げてください。お願いします。

一度堕ちてしまえばその名誉を回復するには倍以上の年月がかかります。それとも無知な政治に興味もない一部の日本人は一度堕ちれば気が付くのでしょうか。日本人としてのプライドはないのでしょうか。日本人を心から憎み、悪を悪とも思わない人種がたくさん存在することを知らないのでしょうか。日本人は人を信じすぎる、お人よし過ぎる。それは殆どの日本人の周りが日本人であるためにそうなれたのでしょう。

しかし私の場合、周りは在日だらけ、実際の在日は日本を憎悪し軽蔑し嫉妬し日々どう日本人を貶めるかどうか考えている輩ばかりだったので、この世界にはそういう卑劣で醜い奴らが多いことを私は知っています。


http://girlschannel.net/topics/255886/1

0 件のコメント:

コメントを投稿