2015年1月23日金曜日

朝鮮総連、立ち退き回避へ…マルナカが約40億円で転売、元国会議員が仲介、山形の会社、朝鮮総連と賃貸契約を結ぶ見通


 
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地建物を約22億円で落札した不動産業マルナカホールディングス(高松市)が、
山形県内の不動産会社に転売する方向で調整していることが22日、関係者への取材で分かった。売却額は40億円前後とみられる。

 マルナカ側に人脈を持つ元国会議員が仲介し、山形の会社は朝鮮総連と土地建物の賃貸契約を結ぶ見通し。総連が大使館機能を持つ
日本の重要拠点を継続使用できることになれば、拉致問題をめぐる協議など日朝関係に影響を与える可能性もある。

ソース(共同通信) http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015012201001813.html

0 件のコメント:

コメントを投稿