2015年3月14日土曜日

メルケル氏の「慰安婦発言」否定=独政府

メルケル氏の「慰安婦発言」否定=独政府

菅義偉官房長官は13日の記者会見で、先に来日したドイツのメルケル首相が岡田克也民主党代表との会談でいわゆる従軍慰安婦問題の解決を求めるような発言をしたとの報道に関し、ドイツ政府から「メルケル首相は過去の問題について日本政府がどうすべきかというような発言を行った事実はない」との説明があったと紹介した。

岡田氏はメルケル首相との会談後、首相から「日韓関係は非常に重要だ。慰安婦の問題をきちんと解決した方がいい」などとの発言があったと記者団に語っていた。 (2015/03/13-18:11)

ソース 時事通信

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015031300811





メルケル「和解」発言 民主・岡田氏は「紛れもない事実」と反論
2015.3.13 20:02

メルケル独首相が民主党の岡田克也代表との会談で「(日韓関係は)和解が重要」と発言したことを独政府が「事実はない」と否定したことを受け、岡田氏は13日、「(メルケル氏から)問題を解決した方がよいという話があった。「私もかなり丸めて言っているが、(メルケル氏が)慰安婦問題を取り上げたことは紛れもない事実だ」と述べた。

国会内で記者団に語った。会談内容を独政府と岡田氏がそれぞれ否定する異常事態となった。岡田氏によると、独政府は民主党に「何も言ってきていない」という。

岡田氏は「和解が重要」発言について「(メルケル氏が)一般論としてドイツの話を説明していく中で日本についても言及した。そういう説明をしたということは、日本のことについて当然念頭に置いて発言しているということだ」と説明した。

メルケル氏の発言をめぐっては、菅義偉官房長官は13日の記者会見で、独政府から「メルケル首相は岡田氏との間で過去の問題について日本政府がどうすべきかとかいうような発言を行った事実はない」という指摘を受けたことを明らかにした。

会談は10日に行われ、会談後に岡田氏や同席した民主党議員が記者団に会談内容を説明した。


http://www.sankei.com/politics/news/150313/plt1503130033-n1.html



『メルケル首相は過去の問題について日本政府がどうすべきかというような発言を行った事実はない』
『私もかなり丸めて言っているが、(メルケル氏が)慰安婦問題を取り上げたことは紛れもない事実』
「会談内容を独政府と岡田氏がそれぞれ否定する異常事態」

0 件のコメント:

コメントを投稿