2015年3月26日木曜日

ベトナム戦争当時、サイゴン(現ホーチミン市)に韓国軍の慰安所が存在したことが、アメリカの公文書によって初めて明らかに

ベトナム戦争当時、サイゴン(現ホーチミン市)に韓国軍の慰安所が存在したことが、
アメリカの公文書によって初めて明らかになった。
日韓間に横たわる慰安婦問題に新たな視点を供する歴史的資料を発見したのは、
TBSワシントン支局長の山口敬之氏。山口支局長は2013年9月から、約1年をかけて
米国立公文書記録管理局のベトナム戦争に関する膨大な資料を調査。 その中から、サイゴンの米軍司令部が、同じくサイゴンの韓国軍最高司令官・蔡命新
(チェ・ミュンシン)将軍に送った「書簡」を発見した。

同書簡は1969年に書かれたもので、主題は韓国兵が関与した経済事件。 その中で、同事件の舞台となったサイゴン市中心部の「The Turkish Bath」(トルコ風呂)
について、以下のように記されていた。

「この施設は、韓国軍による、韓国兵専用の慰安所(Welfare Center)である」
(The Turkish Bath was a Republic of Korea Army Welfare Center for the sole benefit of Korean Troops.)

山口支局長が語る。
tn_battle_plan02

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4952
「韓国側はこれまで、日本軍の慰安所について国際社会で厳しく糾弾し続けてきました。 ベトナム戦争当時、韓国軍の慰安所がサイゴンに存在した事がアメリカの公文書によって
明らかになった今、韓国側がこの問題にどう対処していくのかが注目されます」

0 件のコメント:

コメントを投稿