2015年5月3日日曜日

インドのバスでまた集団レイプ事件、母娘が被害に遭い死傷・・車掌も犯行に加わる

インド北西部のパンジャーブ州でこのほど、路線バスに乗っていた母親(38)と娘(14)が乗り合わせた男ら6人から性的暴行を受け、車外に投げ出されて死傷する事件が起きた。親子はバスの車掌に助けを求めたが、車掌は助けず、自らも性的暴行に加わっていた。英デーリーメールの報道として、台湾・東森新聞雲が1日伝えた。

報道によると、親子は車内で男らにからまれ、次々と性的暴行を受けた。母親はバスの運転手にも助けを求めたが、運転手は相手にせず、走行スピードを速めたという。

暴行後、車外に投げ出された親子は病院に運ばれたが、母親は重傷を負っており、娘は死亡した。暴行した男らと運転手は逃走し、警察が行方を追っている。

インドでは2012年12月にもバスに乗った女子学生が車内で集団レイプの被害に遭い、死亡する事件があった。

(編集翻訳 恩田有紀)
http://www.focus-asia.com/rss/416894/

0 件のコメント:

コメントを投稿