2015年10月11日日曜日

中国・上海で日本人女性がスパイ容疑で拘束→中国系帰化人だと判明

中国から日本帰化の女性、上海で「スパイ」拘束
中国・上海で今年6月、日本人の女性が「スパイ活動」の疑いで当局に拘束されていたことが10日、分かった。 
日本政府関係者が明らかにした。 

関係者によると、拘束された女性は中国から日本に帰化しており、日本語学校のスタッフを務めていた。 
この学校と関係のある別の関係者は「女性が突然、連絡を絶ったが、急病になったと聞いていた」と話した。 

中国では5月にも日本人2人が「スパイ活動」を行ったとして浙江省と遼寧省でそれぞれ拘束された。 
中国は昨年11月に「反スパイ法」を施行しており、当局が過敏な対応をしている可能性もある。 

00000331

http://www.yomiuri.co.jp/national/20151010-OYT1T50101.html?from=ytop_top

0 件のコメント:

コメントを投稿