2015年11月23日月曜日

韓国軍、消えない虐殺の記憶 ベトナムに立つ数々の慰霊碑 次世代・杉田水脈氏調査

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は今月初めの日韓首脳会談で、安倍晋三首相に「慰安婦問題の年内解決」を迫ったが、自国軍のベトナム戦争での蛮行には、どうケジメをつけるのか。次世代の党の杉田水脈前衆院議員は先月末、ベトナムを訪問し、各地に残る虐殺の慰霊碑や、サイゴン市(現ホーチミン市)の韓国軍「慰安所」を調査してきた。

「韓国軍のベトナム戦争での所業はひどい。彼らは一体、何を正義として闘ったのでしょうか」

杉田氏はこう語った。現地調査は10月24日から29日まで、軍事ジャーナリストの井上和彦氏らと行った。

韓国は、朴氏の父、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領時代の1964年から73年まで、ベトナム戦争に参戦し、延べ約32万人を派兵した。これまでも、民間人虐殺や婦女暴行、韓国軍兵士とベトナム女性の間に生まれた子供「ライダイハン」の問題が指摘されている。

杉田氏らは、虐殺が行われたベトナム南部クァンガイ省を訪ねた。近くのビンディン省やクアンナム省にも「憎悪の碑」「恨みの碑」などと書かれた慰霊碑が多数建てられている。

「慰霊碑には、犠牲者の出身地や年齢、性別が詳細に記されていました。戦時の犠牲者数について(政治的プロパガンダで)『何万人』とか『何十万人』などと吹聴する国もありますが、慰霊碑は正確な記録といえる。韓国軍による虐殺場所は、周辺だけで10カ所程度あるそうです

ビンディン省ビンアンの慰霊廟には、韓国軍による虐殺を描いた高さ約3メートル、長さ約20メートルもの壁画が設置されている。

「クァンガイでは、韓国軍に母親と妹を殺されたという男性に会いました。当時6歳だった男性は、背中と足に負った銃の傷を見せてくれたが、とても正視できませんでした」

杉田氏は、韓国軍がベトナム戦争中に設置していた「慰安所」についても調査した。これは、TBSの元ワシントン支局長が今年3月、米国の公文書館や米軍基地付属の図書館や資料館で文書を精査して、週刊文春でスクープしたものだ。

「ホーチミン市内にある古い建物の2階がそうでした。文春には『米軍司令部から、韓国軍司令部に送られた書簡に記述があった』『売春行為が行われていて、ベトナム人女性が働かされている』『韓国兵専用の慰安所である』と記述されていましたが、現地では記録を確認できませんでした。今後、さらに調べていく必要があります」

人道に対する罪に時効はない。 (ジャーナリスト・安積明子)


http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151121/frn1511211530002-n1.htm 
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20151121/frn1511211530002-p1.jpg 
慰霊碑には、犠牲者の名前と性別、年齢が記されていた 
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20151121/frn1511211530002-p2.jpg 

0 件のコメント:

コメントを投稿