2016年2月8日月曜日

NHK教育 高校講座「日本史」で  「日本軍は南京でおおぜいの子供と婦女をころした」



1931年、南満州鉄道の線路の爆破をきっかけに満州事変が勃発します。さらに1937年には北京郊外の盧溝橋で日中両軍が衝突したことにより、日中戦争が始まります。いずれも政府の不拡大方針にもかかわらず、軍主導で戦線が拡大しました。この時期、日本では軍部が発言力を高め、影響力を強めていました。それはなぜだったのでしょうか? 1930年代に頻発したテロやクーデター計画、また当時の経済状況に注意しながら考えていきましょう。
  • 日本史監修:創価大学教授 季武 嘉也

0 件のコメント:

コメントを投稿