2016年4月22日金曜日

▲「熊本地震」お祝いセールを行って物議をかもした中国の昆明鉄鋼

2016042102416_0

▲「熊本地震」お祝いセールを行って物議をかもした中国の昆明鉄鋼

最近、日本熊本県で相次いで強震が発生して被災者の被害が大きくなるなか、中国企業が日本の地震発生を祝うイベントを行って物議を醸している。
香港日刊紙、蘋果日報は中国の鉄鋼会社「昆明(コンミョン)鉄鋼(昆明銀工務防門控)」が熊本地震お祝いセールを知らせる掲示物を自社SNSにアップしたと去る17日報じた。この掲示物には「日本大地震を祝うために今日(17日)から3日間、最低価格で商品を販売する」という説明が書かれている。
同社はまた「日本の余震が終わらなければキャンペーンは継続し、もし震度8の地震がまた起きれば割引幅をもっと増やす。日本人10万人が死ねばもっと安く売り、日本が沈めば在庫一掃セールをする」と広報した。

該当掲示物を見た中国ネチズンらはいっせいに「反倫理的な企業がとんでもないイベントをする」と非難攻勢を行っている。中国ネチズンらは該当掲示物に「こういうイベントを企画するとは、まともな精神状態か」「昆明鉄鋼こそ地震で滅びるべきだ」等、コメントして怒りを表出し、論議が広がるとすぐにこの企業は掲示物を削除した。

一方、中国では日本の地震被害のニュースにもかかわらず、同情世論どころか、逆に反日感情ばかり極大化する社会の雰囲気を指摘する声が増えている。最近では中国のある大学教授が公式席上で「日本の地震は喜ばしい」と明らかにして「妄言波紋」を呼んだこともある。

これについて中国インターネット報道機関、紅網は「日本とエクアドルの地震に中国ネチズンの反応がとても違う」と批判し「中国報道機関とネチズンは分別のない発言を中止し、日本政府と国民を同一視してはならない」と指摘した。

[出処]本記事は朝鮮ドットコムで作成された記事です

ソース:朝鮮日報(韓国語) 中企業'熊本地震'お祝いセール催し論議…"地震で日本人死ねばセール、沈めば在庫整理"
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2016/04/21/2016042102493.html

【中国】「日本の大地震を心からお祝いします」、西安市のレストランが横断幕[04/20]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1461118684/
 

0 件のコメント:

コメントを投稿