2016年7月5日火曜日

中国人の“爆・潮干狩り”がヒドイ! 密漁エリアでカキ、ホンビノス取まくり 殻捨てまくり


「とくダネ!」では、日本中で買い物をしまくる、中国人の『爆買い』をお伝えしてきた。

しかし今、東京湾沿岸では中国人の『爆・潮干狩り』でトラブルが発生しているという。その実態は…?

千葉県市川市を流れる江戸川の河川敷では、山積みのスーパーのカゴで取った貝を運ぶ中国人の姿。

お目当ては、ハマグリによく似た「ホンビノス貝」や、中国でも人気の食材である「カキ」。

地元の日本人はあまり食べないが、実は、江戸川や東京湾には昔から「カキ」が自生しているのだ。

中国人が大挙して潮干狩りに来るようになったのは、ごく最近。

この場所で貝をとる事は問題ではないが…「無料で潮干狩りが出来る」とネットで紹介されて以降、中国人にも知れ渡り、トラブルが相次いでいる。

砂浜に捨てられた大量の「カキ」の殻。これは、中国人が河川敷で『爆・潮干狩り」をした結果だというが…あまりにもヒドイ。

近くにはバーベキューや川遊びを楽しむ場所があり、すこし前に転んだ子供がカキ殻で手を切り、救急車を呼ぶ騒ぎも起きている。

さらに、近くにある公衆トイレでは、トラブルが続出。 中国人が地元住民の注意を無視して、足に付いた泥を洗うため排水管が詰まってしまうというのだ。

結局、殻や砂の掃除に地元住民が追われる始末…。

千葉県船橋市『三番瀬』という干潟でも、マナー違反をする中国人がいた。画像の青いラインより先は、立ち入り禁止地域なのだが…中国人らしき2人が侵入しているのがわかる。この行為は“密漁”。

取材班が、立入禁止エリアに侵入する中国人を直撃すると!驚きの答えが返ってきた。

スタッフ 「これってどちらで獲られていましたか?」
中国人女性「(杭より)前です」
スタッフ 「奥の方へ行ってましたよね?」
中国人女性「…」

取材スタッフがしつこく注意すると、二度と密漁はしないと約束して、貝を置いて立ち去った。 中国人らは、「日本人マネをしただけ…」と答えるが、まだまだ、『爆・潮干狩り』トラブルは続きそうだ。

フジテレビ WEBとくダネ2016.7.4

 http://blog.fujitv.co.jp/tokudane-official/E20160704002.html

0 件のコメント:

コメントを投稿