2016年7月9日土曜日

東京ディズニーランドで「ワンマンズ・ドリーム」上演中に爆発。出火原因は中国製の携帯電話と充電器

 東京ディズニーランドで「ワンマンズ・ドリーム」上演中に爆発 携帯充電器から発火し、女性1人が病院へ
出火原因は中国製の携帯電話と充電器とみられています。





7月8日、東京ディズニーランド内で行われていたショーの最中に観客の持っていた携帯電話用充電器が爆発し、従業員が消火にあたるなど一時騒然となりました。なお、爆発した製品の近くに座っていた39歳の女性1人が右手首からひじまでを火傷し、治療を受けています。

ディ ズニーランドを運営するオリエンタルランドによると、7月8日11時8分ごろ、トゥモローランドエリア内「ワンマンズ・ドリーム2-ザ・マジック・リブ ズ・オン」の上演中に、観客が所持していた携帯電話用充電器から発火。即時、従業員が消火器で消火に当たったほか、観客の退避誘導を行ったため大きな混乱 はなかったとのことです。

この影響で、続く2回目と3回目のショーが中止になりましたが、16時からと17時35分からの回については予定通り行われたとのことです。

現場検証を担当した浦安警察署によると、爆発したのは中国人旅行客(36歳男性)が所持していた中国製の携帯電話と中国製の充電器とみられており、原型を留めないほどに破裂していたそうです。なお被害にあった女性は、病院で「2度熱傷」の診断を受けたとのこと。女性は家族とともにショーを鑑賞しており、爆発した製品を持つ男性の隣に座っていました。

浦安警察署では現在、中国人男性に詳しい状況を聞くとともに、過失傷害の可能性も視野に入れて捜査を進めています。

なお、Twitterでも多くの報告が挙がっており、ねずみ花火のようにひゅるひゅるしていた」「新聞にも引火していた」という目撃談も寄せられています。一刻も早い原因究明と、被害女性の回復をお祈りします。


http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1607/08/news141.html

0 件のコメント:

コメントを投稿