2016年9月8日木曜日

米連邦空港庁、航空機へのサムスン「ギャラクシーノート7」持ち込み禁止を検討

米連邦空港庁、航空機へのサムスン「ギャラクシーノート7」持ち込み禁止を検討[9/07]

米国連邦空港庁(FAA)が航空機でサムスン電子のギャラクシーノート7を携帯できないようにする案を検討していると情報技術(IT)専門メディア「ギズモード」が7日報道した。

ギズモードによれば、FAAは通常、バッテリーがリコールされればそのバッテリーとバッテリーを装着した電子製品は航空機乗務員や乗客が所持できないようにするとして「ギャラクシーノート7に関しても(所持禁止を)検討している」と明らかにした。

2日、サムスンはノート7の販売分の全量(約250万台)を自発的にリコールすると明らかにした。韓国をはじめとする多数のメディアはサムスンが迅速かつ果敢な「決断」を出したと高く評価したが、米国消費者団体「コンシューマーリポート」はサムスン電子が公式のリコール手続きを踏むべきだと指摘した。

キズモードは「合法的な手続きにともなうリコールであれば最初の段階から米国消費者製品安全委員会(CPSC)を介入させるべきだった」としながら「サムスンはそのようにしなかった」と説明した。

ただし携帯禁止の措置が実際に出されるのかどうかはもう少し見守らなければならない見通しだ。米国の主な航空会社が爆発の憂慮を理由に「ホバーボード」の機内持ち込みを禁止した事例はあるが、特定のスマートフォンモデルの機内持ち込みを禁止した例は現在までないためだ。

一方、豪州でもノート7のバッテリー爆発事例が確認された。5日(現地時間)ある豪州人は自身のノート7がホテルの部屋で爆発したとして関連内容をインターネットコミュニティサイト「Reddit」に上げた。「Crushader」というIDを使うノート7ユーザーは「携帯電話が充電中に爆発し、ホテルのベッドシーツやカーペットなどがこげて1400ドルの財産被害が発生した」とも明らかにした。

このノート7ユーザーは「正規商品の充電器とケーブルを使った」として「フォンが完全にこげてSIMカードとSDカードを取り出せなかった」と話した。

これに関してサムスン側は「計35件の事故が確認されバッテリー供給業者とともに精密調査を行っている」として「現在使用中の端末は来週から新しい端末に交換できる」と明らかにした。


http://japanese.joins.com/article/399/220399.html
http://japanese.joins.com/upload/images/2016/09/20160907154208-1.jpg



 

豪州のあるホテルで充電中のノート7が爆発した。「Crushader」というIDを使うこのユーザーは自身が豪州で爆発した初めての事例だと明らかにした。(写真=インターネット・コミュニティReddit)

0 件のコメント:

コメントを投稿