2017年5月15日月曜日

韓国と提携したローソンが『韓国製品の大量販売を推進する』破滅的な状況に。PBの韓国製が続々と参入

ハイト眞露(ハイトゥジンロ)は15日、日本の大手便宜店(コンビニ)『ローソン=Lawson(ロソン)』と、第3のビール(メクジュ=麦酒)の輸出契約を締結したと明らかにした。

ローソンと輸出契約を結んだ第3のビールは『ゴールドマスター(コルドゥマスト)』というブランドで、ローソンのPB(Private Brand)製品である。ラインナップはレギュラーと糖質70%off(糖分を70%減らした製品)の2種類で、350ml缶と500ml缶の二つの容量である。アルコール度数はレギュラーが6%、糖質70%offは4.5%だ。この製品は先月25日から日本国内の1万2000店のローソン便宜店で販売されている。

ハイト眞露は4月に21万箱(350ml×24缶)を輸出して、今年は合計200万箱の輸出を目標にしている。

第3のビールは少量の麦芽を含んでとうもろこし、米、豆などの副原料にアルコールを使ってビールの味を付けたリキュール製品である。麦芽の割合によって酒税を差別適用する日本では、第3のビールの酒税が一般ビールの半分以下で安いだけでなく、品質も良くて人気を呼んでいる。

第3のビールが日本に初めて登場したのは2004年である。当時日本ビール類市場で第3のビールの比重は4.8%だったが、日本の消費者の人気を集めて急成長した。日本の主要ビール会社がこの市場に全て参入、大型流通会社も様々な新製品を発売して、去年は第3のビールの比重が35.5%に達した。

ハイト眞露は第3のビールが初登場した2004年、海外企業では最初に日本に第3のビールを輸出し始めた。ハイト眞露が昨年日本に輸出した第3ビールは、約3800万ドルの規模だ。

ハイト眞露の関係者は、「第3のビールが登場した初期から輸出するほど、日本のバイヤーに技術力を認められている」とし、「これを基に最近、韓国内でも発泡酒・フィライト(ピライトゥ)を発売して、消費者から注目されている」と話した。

ソース:NAVER/マネートゥデー(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0003872469

0 件のコメント:

コメントを投稿